ADSLは光回線に比べて、速度が速いとは言えません。

しかし、既存の電話回線を使えることで非常に安く使えることが魅力的です。

そのようなADSLですが、ある程度対策すればADSLでも速度の改善を図ることが可能です。

お手軽 ADSLモデム再起動で速度改善

ADSLの速度はその時々の回線状況(ノイズ等)によって、速度を調節することがあります。

不安定になる前に速度を落とすことによって安定させることが出来ます。

ただし、基本的に速度を調節した場合、遅くなったままで速度が上がることはありません。

切断等が発生せず、安定した速度を維持が第一であるため、遅くなったら遅いままです。

そのため、速度の状態をもとに戻すためにADSLのモデムの再起動が有効になります。

再起動することにより、その環境での最高速度で繋げられることが可能です。

ただし、再起動する場合は電源をしっかりオフにして再起動したほうが確実です。

どのケーブルが一番長い?あるケーブルが長いと遅くなる原因に

ADSLはアナログ電話回線を使ったインターネット接続方法です。

そのため、パソコンまでの経路でノイズが発生すると速度が遅くなる性質があります。

ここでは家庭内でのノイズ対策を考えます。

パソコンまでケーブルを使ってインターネットに接続するわけですが、やってはいけないケーブルの使い方があります。

それは、家庭内を長いモジュラーケーブルでADSLモデムに繋げている場合です。

LANケーブルに比べて、非常に細いモジュラーケーブル。

このケーブルは残念ながらノイズ対策がほぼされていないのです。

非常にノイズに弱く、ケーブルの近くに冷蔵庫、電子レンジなどのノイズ発生源、また無線LAN装置もノイズの悪影響をもろに受ける形になってしまいます。

このように非常にノイズに弱いモジュラーケーブルですが、長ければ長いほどノイズの影響が受けやすいです。

そのため、なるべくモジュラーケーブルは短くし、LANケーブルを長くすることで速度が改善出来る場合があります。

なお、LANケーブルはしっかりノイズ対策用シールドが施されています。

そのため、長くてもある程度のノイズは影響受けにくい仕様になっています。

どうしてもモジュラーケーブルで長く配線したい。

そうした場合は、ノイズ対策されたシールド付きモジュラーケーブルも家電量販店で売られています。

普通のモジュラーケーブルとくらべて高くなりますが、そのようなケーブルを購入して家庭内配線してみると良いかもしれません。

モジュラーケーブルの途中に余計な機器を取り付けない

ガスの検針装置、警備セキュリティ、複数の電話機などがADSLの回線に影響が出る場合があります。

それらの機器がついているだけで、速度が半分以下に落ちる。

なんてこともあるため、非常にADSLにとって大敵な機器となります。

ただし、家庭内によっては必要不可欠な場合もあります。

その場合は、それらの機器を付けない状態でインターネットでの速度測定を試してみてください。

取り付けない状態で速度が出る場合は、上記機器の問題で速度が落ちているのは間違いないです。

取り外せるなら取り外したほうが快適にインターネット出来ます。

もし取り外してこまるようでしたら、それらの機器を扱っている会社

(ガス検針装置であれば、ガス会社)に問い合わせれば、解決方法を提示してくれるかと思われます。